まだまだティーンエイジャー

やさしくしてください。

女子大生になったけれど

ランクアップなのかランクダウンなのかわからないけれど女子高生から女子大生になりました。


時が経つのは早く、すでに女子大生歴4ヶ月です。

中学生から高校生になった時は、トキメキもキラメキも満開で、レベルアップしたのを強く感じました。でも、高校生から大学生になった時、トキメキもキラメキも無く、何かを捨ててきてしまったような寂しさがありました。

これが大人になったということでしょうか?


『大学生活は人生の夏休み』と、昔に通っていた塾の先生が仰っていました。やりたいことのなかった私は『人生の夏休み』だけを追い求めて、今に至ります。夏休みはおうちにいる時間が沢山あるから大好きです。でも、わたしの大学生活は夏休みには、なりませんでした。トホホ。大学生活が、夏休みになるかどうかはお勉強する分野が決め手なのですね。入学してから気付きました。遅いよ!笑 でも毎日とても充実しています。


今までリラックマの様な生活だった私にとっては、それなりにbusyな分野のお勉強で、入学してから数ヶ月のうちに、何度も挫けそうになりました。でも、お勉強している内容は、興味のある事で楽しいです。テストや課題は嫌いだけれど、新しい知識を学ぶのはとても楽しいです。(と言い聞かせる)


私が高校生の時、中学生の時、大学生ってすごーく大人なイメージがあったけれど自分が大学生になってみると、大して中身は変わらないものですね。

多分だけれど、成人したり、(できるかわからないけど)就職したり、(できるかわからないけど)結婚したりして、経験は増えるし、できる事や知ってる事は今より増えるけれど、年齢を重ねても、私自身の中身は変わらないのかなあ。なんて将来の自分を想像してみたりします。

大人ってすごいなあ。


自分でもなにが書きたかったのか、わかりませんが読んでくださった方いたのなら、ありがとうございます。